前へ
次へ

お好み焼きに入れてそれを食べてます

お正月に食べるお餅が余って困ってる場合は、とりあえずは冷凍保存して次回の食べたいときに食べたい分だけ解凍して食べるのがベターな選択肢になります。
その食べる方法はいろんなのがありますが、そのうちの1つがお好み焼きに入れて食べるやり方です。
そのお好み焼きは基本的に関西風のスタイルで、生地と具材を混ぜて鉄板の上で焼いていきます。
その過程で肉などを上にのせますが、肉などと同時にサイコロ上に小さく切ったお餅を所狭しと並べておきます。
あとは普通に下のほうが焼けたらひっくり返して焼きます。
全体が焼けたら完成して食べるわけですが、お餅を入れることで同じお好み焼き1枚でも、お餅が入ってない場合に比べてボリューム感をさらに増すことができるようになります。
これのヒントは岡山県の東の県境近くに日生という漁港町があるのですが、そこの近くに牡蠣を入れて提供してるお店があります。
牡蠣を入れて提供しているお好み焼きのことをもちおこと称していて、それがB1グランプリに何度か出たことがあります。
その牡蠣を入れても美味しいわけですが、牡蠣がない場合は代わりにお餅を入れるなどすれば余った餅対策に貢献できるようになります。

Page Top