前へ
次へ

冷凍しておもちのいろんな食べ方を実践

日本では毎年お正月にお餅を食べる習慣があります。
それの代表的な一例が雑煮となります。
この雑煮は各地域でいろんなスープの味付けがなされていて、同時にスープの中に入ってる具材もそれぞれ異なっています。
この雑煮で筆者の毎年は味噌やすましなどの和風な雑煮を食べる習慣はなくて、ぜんざいとなっています。
そのお餅で雑煮として少々変わった存在として香川県の餡餅雑煮というのがあります。
これは白みそベースのスープと具材の中にあんこが入ったお餅を入れて食べます。
実際に経験しない限り、他所地域の人からすると信じられないかもしれませんし、その声はラジオなどでも話題となってます。
自身の経験では案外あんこの甘さは白みそなどにかき消されてさほど甘く感じなかった経緯があります。
そのお餅ではそのまま食べる、黄な粉や砂糖醤油、しょうゆなどにつけて食べるが定番ですが、多すぎる場合はお餅を冷凍するなどして保管する方法があります。
冷凍保管して時期を見計らって食べたい分だけ冷蔵庫で解凍すると1年かけて長期間食べることができます。

Page Top