前へ
次へ

生活習慣病のリスクをアップさせる飲酒の量とは

夕食には美味しいお酒も一緒にという家庭は多いですし、お酒をたしなむのは大人の特権でもあり楽しみです。
でも大人になると健康のことをとても気にするようになりますし、30歳を過ぎたら生活習慣病は誰に起きてもおかしくはありません。
生活習慣病は日々の生活の乱れが発端となる不調ですが、飲酒をする量も生活習慣病には関わっていて、の水着は生活習慣病のリスクを上げてしまうので要注意です。
清酒を飲む場合であれば日本人男性では2合以上は飲み過ぎ、女性は1合以上飲むと生活習慣病のリスクを上げてしまいます。
量として清酒1号分をほかのお酒に置き換えてみると、ビールであれば500mlほど、ワインだったらグラスに2杯分くらい、焼酎ならば100ml、それ以上を1日で飲んでは飲みすぎです。
毎日の晩酌が楽しみな人であっても、お酒の飲み過ぎで生活習慣病のリスクを高めてしまっては元も子もなくなります。
お酒を楽しみにしているのであれば、飲む量に気を付けながら、ゆっくりと時間をかけて飲んで楽しむことです。

取り寄せでもつ鍋を選ぶならよし田

ベルダのサプリはドクターナンバマイタケエキスをたっぷり配合
MDフラクションを錠剤・液状どちらでも摂取していただけます

整備された環境と厳しい管理下で育てられた黒舞茸を東京からお届け
最高の食材を使った健康補助食品試してみませんか?

大阪のパン教室「キャトルクール」

メニューが豊富な大阪の仕出し弁当業者
選べるからどれを食べるか悩みます。

Page Top